聖蹟桜ヶ丘・O邸


 

敷地面積:115.77m2(35.02坪)
延床面積:105.17m2(31.81坪)
建築規模:RC造+木造 地下1階 地上2階
家族構成:夫婦+子ども2人+母

建蔽率40%、容積率80%という比較的、法規制のきびしい敷地に建つ2世帯住宅。そこで容積率から除外される半地階を利用して、全体を5つのレベルで構成されるスキップフロアの断面計画を提案しました。

大きなトップライトがある明るい吹抜を中心に各レベルをぐるぐると階段で繋げています。視界が抜けてより広く感じられると同時に、子どもの部屋が独立しない関係をつくっています。